スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央工学校非常勤講師6日目「イノベーター理論」

中央工学校非常勤講師6日目のお題は「イノベーター理論」です。

イノベーター理論とは、1962年にスタンフォード大学の社会学者であるエベレット・M・ロジャース(Everett M. Rogers)によって提唱された、商品(新製品や新サービス)の市場浸透に関する理論のことです。

商品が市場に浸透する際の一般的な浸透のして行きかたを過去のデータから統計的に考え、下記の5種類のグループに分類したものです。(文言はマーケティングwikiより引用)

-------------------------------------------------
イノベーター(Innovators:革新者)
冒険的で新商品が出ると進んで採用する人々の層。
市場全体の2.5%を構成する。
イノベーター層の購買行動においては、商品の目新しさ、商品の革新性という点が重視される為、商品のベネフィットはほとんど無視される。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する人々の層。
市場全体の13.5%を構成する。
他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれ、商品の普及の大きな鍵を握るとされている。
新製品や新サービスが提供するベネフィットが必ずしも万人に受け入れられるとは限らないため、市場に広く浸透するかどうかはアーリーアダプターの判断や反応によるところが大きいとされる。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)
新しい様式の採用には比較的慎重な人々の層。慎重派ではあるものの、全体の平均より早くに新しいものを取り入れる。
市場全体の34.0%を構成する。
アーリーアダプターからの影響を強く受け、新製品や新サービスが市場へ浸透する為の媒介層であることから、ブリッジピープルとも呼ばれる。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
新しい様式の採用には懐疑的な人々の層。周囲の大多数が使用しているという確証が得られてから同じ選択をする。
市場全体の34.0%を構成する。
新市場における採用者数が過半数を越えた辺りから導入を始める為、フォロワーズとも呼ばれる。

ラガード(Laggards:遅滞者)
最も保守的な人々の層。流行や世の中の動きに関心が薄く、イノベーションが伝統化するまで採用しない。
市場全体の16.0%を構成する。
中には、最後まで不採用を貫く者もいる。
-------------------------------------------------------------

今回の授業では、身近な下記の4商品に関し、自分がどのグループに属するかを個々に考えてもらいました。

1.スマートフォン
2.タブレット型携帯端末
3.ノートPC
4.3D-TV

目的は、商品の旬や金額、必要により、このイノベーター理論の曲線の頂点が前後にシフトしたり、16%の法則は必ずしも当てはまらない場合があること等を上記の結果も利用して説明しました。

最後に、何か新商品を考えて次の項目につきブレインストーミングを行いました。
たまたま生徒の一人が現在中国で話題になっているゴーグル型携帯端末の例を見せてくれたのでその商品について考えました。

1.その潜在顧客はどのような人か?
2.どこにいるのか?
3.どのようなアプローチで宣伝するのか?
4.自分なら、いくらであれば買うか

私の授業では同じようなブレストを繰り返し行います。今回で3回目くらいですが、まだまだ全員マーケティング脳の開発が必要なようです。

中央工学校6日目


私は生徒に対し具体性を求めます。たとえば、上記1の潜在顧客はどのような人か?という問いに関する回答で多々見られたのは「若者で新しい物好き」とだけ書かれた回答です。
自分が会社員だとして、会社で自分の部下に「若者で新しい物好き」な人に宣伝を打てと言っても、部下はきっと質問を返してくるでしょう。なので、そのような質問が極力来ないような定義づけを行うよう奨励するのです。

一例ですが、「若者で新しい物好き」な人をもう少し具体的に考えると、日本の最近の状況では小学校の高学年から30代前半くらいまでがターゲットとなる可能性があります。また男女ということではどうか?というようなところまで考えるということです。ここまでくるとその潜在顧客の存在場所がある程度見えてくるので、あとはその場所へのアプローチ方法を考えればよくなります。

また、常に新しいものにアンテナを張っているのですから、新商品の紹介をしているようなWEBサイトや雑誌の購入者である可能性が高いです。また、そのような新商品の展示会へも足を運んでくる可能性が大なので、そのような待ち伏せ的な宣伝も考えることができるでしょう。

このようなことを瞬時に考え付き書き出すことができるようになる訓練を行うことでマーケティング脳を鍛えます。

最後にいくらなら買うか?という問いに関しては結構高値(6~7万円)が帰ってきたので驚きました。
留学生のみなさんは結構な可処分所得を有しているのかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。