スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロセスマッピング資料作成開始

税務署へは2月10日に行くことにしたので、少し時間の余裕ができました。

なので、早速プロセスマッピング資料の作成にとりかかりました。

基本的にはDIRECTV時代にHughes社の研修トレーナーの方々に実施していただいたプロセスマッピング研修がベースなので、Geary A. Rummler 氏と、Alan P. Brache氏が開発した手法
processmapping.jpg
に基づき出来るだけわかりやすい資料を作成しようとしています。(資料を提供してくれた元DIRECTVの同僚に深く感謝します!)
本日はプロセスマッピングの目的まで作成しました。

プロセスマッピングは下記の2つの目的のために有効であると考えられます。

1.これから新たなプロジェクトを始めるとき
2.これまでのプロセスを見直す時


プロセスマッピングを行うと、誰が、いつ、どこで、誰に、
何のために、何を、どれだけ、どうするのか(6W2H)
ということが明確になります。これにより、
新規のプロジェクトでは、誰がどのように動けばよいのかが明確になります。
プロセスを見直す場合は、現状の課題が浮き彫りになり、あるべき姿を考えるツールとなります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。