スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”現状”と”有るべき姿” ~ プロセスマッピング

事業を開始する時には、その到達点GOALを想定して事業計画を立てます。

しかしながら、いつのまにか、有るべき姿がそうで無くなっていたりすることが有ります。

いや、そうなっていることの方がきっと多いでしょう。

これは何故起こるのか?

考えられる理由はいくつかあります。

きっとGOALについてはGOALに値するものとなっているのですが、

1.その進め方に問題がある。
2.進め方は妥当であるが、実動部隊に理解されていない。

などなどですが、このような状況を改善するための手法としてプロセスマッピングが有効なのです。

プロセスマッピングでは先ず、

現状の分析を行います。

そして、有るべき姿を考えます。

現状の分析を行い、問題点、重複したプロセス等、まず現状で抱えている問題、課題を認識します

そのあとそれを踏まえて、改善案としての有るべき姿について考え業務効率を見直してゆきます。

これはチーム作業が伴いますので部門間のアイスブレイキングにも効果を発揮します

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。