スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟性のある業務形態

昨日、下記の2つのやりたいことを効率よく行う方法を思案したというお話をしました。

1.これまでの外資系企業での業務、外国企業との交渉等の職歴を生かして、ビジネス英語のトレーニング
2.会社役員、会社の立ち上げ、清算経験を生かした経営コンサルティング

確かになんだかできそうな気はするのですが、さて本当に実行するとなると、このようなトレーニングやコンサルティングを一個人が立ち上げたと言っても簡単に「はいそうですか」と依頼が来ることはありません。

さて、どうしたら良いものでしょうか?

一方、今回は再就職支援サービスを受けさせていただいており、良い案は無いか?とご相談申し上げたところ、私の担当の方から良いアドバイスを頂きました。

それは、「最近顧問を派遣するサービスが増えてきているのでそれに登録してみてはどうか?」ということでした。

さて、顧問を派遣するサービスとは、どんなものなのでしょう?

それは、常任の顧問は報酬が高くて雇用することはできない、ただ週に1~2回ベースで月額報酬が15万円~20万円だったらなんとかなるというような希望をお持ちの企業に対して、その条件に合致したスキルの登録顧問を派遣するというサービスです。派遣とはいうものの派遣社員ということではなく、業務委託という形での就業契約となります。
企業にとっては、経験者の知恵を必要な時に必要なレベルで享受できるというメリットがあります。
また、派遣される顧問としては常勤では無いので、勤務日以外の平日に自分の好きなことができる時間を作ることができます。この時間を利用して、別のコンサルティングをやるもよし、経済的に余裕があるのであれば、平日に自分の趣味の時間を持つことが可能となります。

なので、このアドバイスをいただいたその日に、下記の4社への登録を済ませました。

①インテリジェンス社、【ⅰ-commmon】 http://i-common.jp/company/index.html
②ビジネスインテリジェンス社、【番頭さん.COM】http://www.business-intel.co.jp/
③エスプール社【顧問派遣】http://komon-haken.spool.co.jp/?gclid=CP_86-_DrasCFSNNpgodaRdWGw
④レイス株式会社【顧問名鑑】http://komonmeikan.jp/advisor_index

これで、上記1のやりたいことを実現するための第一の施策を行うことができました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。