スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話教室Akey塾での氣付き

すでに開始して3回目を迎えた「Akey塾」ですが、気付いたことがあります。
毎回次回講習までに、自分が接客するときに言うであろう言葉を、日本語で考えそれを英作文してもって来るということを宿題にしています。

今回は、「東京へは柏から常磐に乗ったら行けますよ」というセリフを考えてきてくれました。

しかしその英語は、

You get on Joban line train from Kashiwa to Tokyo.

というような感じのものでした。

直訳すると、「柏から東京へ向かって常磐線の電車に乗りなさい」というような、命令文になってしまい、当初の言いたいことは言えていません。
興味深いのは、日本人はこの「電車に乗る」という手段のほうが最初に浮かぶということです。

きっとこの話のメインの目的は東京へたどり着くということなので、その部分を中心にセリフを考えたほうが良いと思います。

というわけで、今回は「いつでも~できる」というニュアンスを出す助動詞Canを使ってこのようにアドバイスしてみました。

You can go to Tokyo by Joban line from Kashiwa

至ってシンプルですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。