スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入社員TOEIC2日間集中講座

5/8,9と新宿で某有名コンピューター会社の子会社の新入社員研修の講師を務めさせていただきました。
何と午前中3時間、午後4時間半の長丁場です。
合計で15時間です。

全員大卒もしくは大学院卒で、理系7名、文系1名という構成でした。

配属前の新入社員研修ですので、各自何のためにTOEICを受けるのか?ということに少々疑問を持たれているようでした。

まあ、当たり前ですよね。

私がその立場だったら、研修の実施担当部門に問い合わせていたと思います。

しかしながら、折角担当させていただくのですから、この二日間を有意義なものとするために、いろいろ考えました。

どうしても昼食の後は眠くなります。当然です。興味を持ってやっていることではないので、どうしても意識が遠のきます。

なので、TOEICの攻略法だけではなく、先日TVで見た子役のカリスマ演技指導者がやっていた、「何が何でも否定する」会話を実践してもらいました。

AさんBさんに分かれて、
例えば、
Aさんが「今日一緒に夕食に行きませんか?」
と言ったら、、
Bさんは「今日はすでに先約があるので行けません。」
と答えます。Aさんはめげずに誘い続けます。別の誘いに変えてもOKです。なので、
Aさんは、「では明日は如何ですか?」と聞きます。
Bさんは、「明日の天気予報は雨で、ちょうど自分の車は修理中だからいけません」とこたえます。

このような会話のキャッチボールを日本語で3回やって、その日本語を英語に変えて再度会話をしてもらうというトレーニングをしたところ、全員楽しそうに実践してくれました。英語に翻訳するときも自発的に辞書を使いなんとか正確に伝える努力をしてくれました。これって、英語での日常会話に役立ちます。

総合的には、全員語彙力が弱いことにより、問題文の意味を理解できないというハードルを越えなければなりませんが、研修に関しては、真摯に取り組んでいただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。