スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央工学校講師「ビジネスプラン演習」1回目

今年4月から、「マーケティング」に加え、「ビジネスプラン演習」という授業を受け持つことになりました。
この授業では昨年「マーケティング」で習った内容をフルに生かして新規事業の計画を立てる実習を行います。
なので、どちらかというと、質問を投げかけそれに対して自分の頭で考え答えを導き出すという授業が多くなります。

まず1日目は頭の体操ということで、自分にとってビジネスとは何か?ということを最初に考えてもらいました。
2クラスを受け持っていますが、最も多かったのは、

1.儲けるため
2.他人とのやりとり、取引

なのですが、片方のクラスでは1番に社会貢献という意見がでました。これには感動しました。
私としては、「ビジネス」とはこうでなければならない、ということを押し付ける必要は無いと思ってますが、やはり社会貢献を考えない単なる金儲けはビジネスでは無いように思います。

また、その後ビジネスを考えるに当たり、次の6W2Hを考えると考えを整理しやすいことを説明しました。

誰が   WHO
いつ   WHEN
どこで  WHERE
何故 何のために WHY
何を   WHAT
誰に   WHOM
いくらで HOW MUCH
どうする HOW

例えば、一般消費財の場合、下記のようなことです。

誰が WHO      :自社が
いつ WHEN     :いつでも
どこで WHERE    :スーパーやコンビニで
何故 何のために WHY:日常生活のために
何を WHAT      :生活雑貨、たとえば石鹸、歯ブラシ等を
誰に WHOM      :一般消費者に
いくらで HOW MUCH :求め安い価格で
どうする HOW     :販売する

その後、下記の項目につき説明を行いました。

・薄利多売の商品なのか?高利少売の商品なのか?
・その商品のメリットはどのようなものか?
  -現状の問題を若干改善
  -現状の問題を解消
  -現状の問題を解消し、若干それ以上の効果
  -現状の問題を解消し、それ以上の大きな効果
・その商品をどこで誰が購入するのか?
・その商品の買い替えサイクル
・その商品のビジネス規模の推定

きっと最初は何をどう考えたら良いのか迷うことでしょう。
今回の授業に関しては受講後に自分で考え自分の力でビジネスの計画を立てられる考え方を習得してもらうことです。
全25回くらいの講義になりそうですが、最後まで頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。