スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央工学校非常勤講師14日目「マーケティングミックス」

長い夏休みも終わり、10/7(月)から後期の授業のはじまりです。
今回のお題は「マーケティングミックス」です。

市場のセグメンテーション、ターゲティングを行なった後、潜在顧客に対してどのようにアプローチするのかを考える必要があります。重要なのは、自社で管理できるさまざまな手段(ツール)の組合せにより、効率よく潜在顧客にアプローチすることです。

マーケティング・ミックスとは、4Pモデルとしても知られているマーケティング戦略を実施するためのツールです。1961年にアメリカのマーケティング学者のジェローム・マッカーシー(Jerome Mc Carthy)が提唱しました。
マーケティングはさまざまな要素の組み合わせによって効果を発揮しますが、なかでもマーケティング・ミックスであげられる4Pは、管理可能なものとして重要です。

1.製品(Product)

2.価格(Price)

3.流通(Place)

4.プロモーション(Promotion)


授業ではそれぞれの意味するところにつき詳しく説明しました。
さらに、この4Pに加えて、マーケティングのオーソリティ、コトラー博士は下記の3Pを加えて7Pとすることを提唱されているようです。

5.物的証拠(Physical evidence)

6.プロセス(Process)

7.人(People)


さらにさらに、下記の3Pを加えてcase by caseで10Pを考えなければならないという説もあるようです。

8.ブランドや製品の提案(Proposition)

9.パッケージ(Package)

10.個別化(Personalization)


まあ、切り口はいろいろありますがあくまでもツールなので各アイテムに固執せず、自分のビジネスに必要な要素
を臨機応変に考えることが重要であることを説明しました。





スポンサーサイト
プロフィール
私は、DIRECTVジャパン(米国系大手衛星放送プラットフォーム)、MTVジャパン(ご存知、米国発24時間音楽番組チャンネル)、THOMSONジャパン(元々親会社はフランス国営企業から民間電気機器メーカーへ移行)、TECNICOLORジャパン(ハリウッド映画のタイトルバックでお馴染の米国最古の現像所の日本子会社、現在は放送事業、DVDパッケージ事業も手掛けています。)、GRASSVALLEY(業界トップクラスのの米国放送機器製造メーカーの日本支社)等々の外資系企業で、マネージャー、取締役、代表取締役を務めてまいりました。この度決意し、自分の生きたいように生きる人生を歩む決意をしました。

平野Akey

Author:平野Akey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。